湯ざまし

  閉じる

特集

見せて下さい耳餃子(4ページ目)

(2011年7月21日)

1ページ目2ページ目3ページ目からの続きです。

#6 サカモトさん

色々な人に耳の写真を撮らせてもらいに回っている。最後の一人、サカモトさんにもインタビューしてみよう。

サカモトさん
サカモトさん(クリックで拡大)

―― ご出身は?

私も(シマネさんと同じく)東京です。

―― 最近行ってよかった場所ってありますか?

地元の商店街をお散歩するのが楽しいです。

―― スポーツ経験は?

ないんです。文化系で。高校ではボランティア部に入ってました。

―― ピアスあけてますか?

いえ、あけてないです。

―― ここにはよくいらっしゃるんですか?

今日初めて来ました。(シマネさんに)連れられて。

―― ウナギとアナゴ、どっちが好きですか?

どっちもダメなんです…。

―― タコとイカとでは?

タコですね。(理由は?)おいしいから。

―― 最近何かいいことありましたか?

今日晴れたこと!

では、サカモトさんの耳を見せていただこう。

サカモトさん
サカモトさんの耳(クリックで拡大)
サカモトさん
サカモトさんの耳餃子(クリックで拡大)

こちらが写真を撮り終わったところで、「お兄さんたちの写真も撮っていいですか?」とiPhoneを向けてきた。聞けばお二人、専門学校でカフェ経営を学んでいらっしゃるという。そんな専門学校があることを初めて知った。2011年である。

中華街に移動

さて、そろそろ暑さに耐えられなくなってきた。四本目のペットボトルが空になったところで撮影を切り上げ、近くにある中華街へ向かった。餃子だ餃子だ。

餃子
後ろのグループの一人は
匙を使わず杏仁豆腐をそのまま吸い込んでいたそうだ
餃子
皮がしっかりしていておいしい餃子

一日歩き回ったこともあり、塩気のきいた中華料理がどんどん入った。軽い頭痛は暑さのせいだろうか。ビールは見送り、ウーロン茶をカパカパ飲んだ。炒飯が来たころにはもう耳のことを忘れていた。

それでも写真を見返すと、また耳が気になりはじめる。地元に帰ったらちょっと図書館を覗いてみようか。

おまけ:耳餃子総まくり

最後に、耳餃子の写真を切り出して並べてみました。写真をクリックすると拡大します。拡大した状態で、キーボードの方向[←][→]キーを押すと、写真を順に送りながらご覧になれます。

耳餃子総まくり
耳餃子総まくり
耳餃子総まくり
耳餃子総まくり
耳餃子総まくり
耳餃子総まくり

図々しいお願いに笑って応じてくださった皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

(おわり)

 

 

湯ざまし(個人サイト)
作成:とね(info アットマーク yuzamashi.net)