湯ざまし

  閉じる

短信

2012年11月分(↓日付をクリックで移動)

10日

過去の分

こちらからご覧下さい

党利 (2012年11月10日)

実際にはほとんど使われないのに、ワープロではよく打たれる言葉の一つが「党利」だと思う。「通り」と打とうとして「とうり」で漢字変換してしまうからである。変換できないといって憤っている人を何度か見たことがある。手書きで漢字で書くのであれば「通り」と書くだけだから、別にどちらで覚えていようが関係ないのである。こればかりは覚えないとどうしようもない。(旧仮名遣いで「とほり」だから「とおり」なのだ、と、一応説明はできるが、そんなことを言うのはうっとうしいし野暮だろう。)…ところでお恥ずかしい話だが、数年前まで僕は「うっとうしい」を「うっとおしい」と覚えてしまっていた。

---

せっかくだからここで恥をさらしておこうと思う。どれも、一生忘れないだろう恥ずかしさである。

  • 「拓殖大学」を「つげだいがく」と読んでしまった(柘植)
  • 「大仏次郎」を「だいぶつじろう」と読んでしまった
  • 手書きの時、「分析」を「分折」とずっと書いていた
  • 同じく、「完璧」を「完壁」と書いていた
  • 「拾円」の「拾」を最近まで「捨」だと思い込んでいた

きっとまだ、間違って覚えていることがたくさんあるのだろう。一思いに殺してほしい気分だ。

---

電車の中でたまにCDウォークマンやカセットウォークマンを使っている人を見ると「お」と思う。

---

いろいろとやらなければいけないことが溜まっていて、もうどうしようもない状況に追い込まれているので、サイトを更新しました。

やばい。

湯ざまし(個人サイト)
作成:とね(info アットマーク yuzamashi.net)