湯ざまし

  閉じる

短信

2012年7月分(↓日付をクリックで移動)

1日18日

過去の分

こちらからご覧下さい

レラタム (2012年7月1日)

♪熊の子見ていた昨年度

♪キャブレター・フロム・カナダ

---

電信柱という言葉があるが、今どれだけ電信に使われているのだろう。最低限の通信インフラということだから、なくなりはしないだろうが。

電信が普及し始めた当初はいろいろと騒動もあったらしい。処女の生き血が塗られているという噂とか。

話は変わるが携帯メールが未だにダメである。皆様何を送っていらっしゃるのでしょうか。僕には、なんというか、(必要な用件を伝える以外の)使い道が分からない。携帯メールを送り合って楽しむという習慣を得られないまま今に至っている。

あと、くだけた言葉(話し言葉に近い言葉)で文章を書くことがあまりできないというのもある。「そっか、じゃあXXなんだ」とか「ひま? 何してるの?」とか、そういうことを文字に起こすことが、何というか、台詞を言っているようで、気恥ずかしくてできないのだ。

標準語のくだけた言葉に慣れないというのもある(これは会話もそうだ)。どうしても送らなければならないときは方言で済ませる。

と、いうわけで長々と言い訳でした。場数をこなせばできるようになるのだろうが、あいにく親しい相手もそういないので、いまのところそのままで済んでいる。

…だから親しい相手がいなくなるのかもしれないが。

電報のように文字数で課金される仕組みで、それなりに高ければ、用件があるときだけ、しかも短く、語尾の工夫もせずにいけるのではないかと思う。絵文字と記号は一文字あたり通常料金の5倍くらいにするといい。ハチコウゴジマツ みたいな感じになるのではないか。

それにしても上記の文章は、ポケベルを経験していない若い者が書いた文章だということが歴然と分かる。恥ずかしい。

夏風邪 (2012年7月18日)

三割くらいの人が夏風邪なのではないか。

老若男女を問わず痰に悩まされていると思う。

---

少し前の話だが、パンダの繁殖が困難なため、雄パンダにアダルトビデオを見せるということが話題になった。実際に興奮するそうである。もちろん見せるのはパンダの「そういう」シーンだそうだ。パンダはパンダの、人間は人間の「そういう」ビデオを見る。

人には人の十八禁。

なにせこういうダジャレは賞味期限が短そうである。江戸時代の小咄に注釈がつくのを見てもわかる。「これは当時流行の歌舞伎役者・市川XXの名をもじったもの」だとか、そういうやつ。

---

「君んちにはちゃんとエアコンついてるの?」と心配されたが、一応ついております。

湯ざまし(個人サイト)
作成:とね(info アットマーク yuzamashi.net)