湯ざまし

  閉じる

ほか

短歌まがい

順不同です。今後は新しいものを上に追加する予定です。

 

  • インテリのサロンまがいの雰囲気を避けて啜らん桃缶の汁
  • きぬさやは若すぎるから 伊代はまだ十六だから センチメンタル
  • やわはだの あつきちしおに ふれずして みちもとかずに おどけていたい
  • 手乗り象ひとつお幾ら? そうですな、世界も付けて、持ってけドロボー!
  • ちんちんの皮に落書きするような人と心中するご覚悟は?
  • 無印のBGMのような人になれたらどれだけいいだろう
  • まだ混まぬ甲州街道・
    くたびれたミニバン・
    ひとりかけるジュディマリ
  • ジーンズに布団かぶせて汗ばんで 僕は血合いが好きだったのに
  • あれは鷺 欄干さわる不安感 蹴込みカナヘビ親父は意固地
  • スパゲティ訂正印の楕円和え ごめん醤油とナプキン取って
  • マジパンと春のトナカイで検索してね口輪は海老芋のあと
  • 経験とコミュニケーションかしましく
    切り立つ絹のけれんみ崩せ
  • ハムはさみ食むはたらきを歯に衣を きこしめされぬ仮眠工房
  • すばしこくはばとびをする けんけんに圏点つける
    紙巻きを吸う
  • 寒いねも真似する拗ねもないヒトね
    鐘の音跳ねて二度寝のしとね
  • 囚われたトランシーバー吐露すれば手練手管と取られるだろか
  • 基督とクライストなら較べても伐れぬ栗から殺されぬから
  • 鯖ひとつ捌けないのに裁かれて娑婆に出るまで砂漠さまよう
  • からし入りマヨネーズでも良いですか
    (はい、あなたさえ楽になるなら)
  • 居酒屋の幼児のごとく乾杯を ラミネーターの熱なでまわし
  • それだけで活字の意味の遠くなる
    美女の「相席よろしいですか」
  • 微笑んで元気ですかと訊かれる日 狂ったひとに殺されたいね
  • 退職であろう花束持つ人のふわふわとした照れの湿り気
  • 乳輪が茶色くなるのホントにと過(よぎ)る明るさOLふたり
  • 落ち着こう「他人のふり見て」
    隣席の「みんな私に頼りすぎなの」
  • 疎ましく思う自分が見えつつも
    ガクアジサイはラブくあるべし
  • 会社員(18)水死 妹の電話なみだの「絶対ヤバい」
  • 泣きおえた妹は行く喪服着た金髪たちの一人となりに
  • 綻ぼう
    おれが弱みを見せないと ひとは弱みを見せてくれない
  • あげパンとアオスジアゲハあげたのに
    ありがとうすら余ってないの
  • ファックスはエロい言葉じゃありません!
    梅の花でも愛でてきなさい!
  • お客さん何にしましょう
    とりあえずせやな、グレートギャツビーひとつ
  • 死んでから生き返ろうか生きながら死んでみようか
    とりもなおさず
  • 世の中は結構エロでできている 去勢したいと思う日もある
  • 前向きか後ろ向きかは分からない すこし大きな決断をする
  • おやすみと電話以外で言うことは無いさ 悪いか 月でも見るか
  • 横着のための努力は惜しまないようにしたいね 飴をあげよう
  • 左折して加速してゆく原付の ふっと夢みるその前のめり
  • 写真撮りながらも申し訳なくて なれた下着の干してある町
  • 申し訳なさを抱えてあの町に情の薄さをなじられに行く
  • ラジオ聞く 西日の部屋の壁を見る コブハクチョウの切手舐めつつ
  • まだ抜けぬ眠気黄色い銀座線 拝啓陳者草々頓首
  • 曇天のベンチに二人あじさいと
    回しのみするフィリップ・モリス
  • 狂わぬか声は出さずにヘッドフォン
    ちびた煙草を指揮棒にして
  • 一日に一度祈るの猪に いかれた井戸が意味を忌むから
  • 終点の渋谷渋谷でございます シュートしといて尻そして尻
  • 人いきれ きっといつだか思い出す 動物っぽいにおいだ
    僕も
  • 興奮がそこにあったというような
    「うきわかもめ」の緑の文字よ
  • ニニングミ、危険ドラッグ、今日未明、自宅アパート、シメッタ空気
  • 目の端にふたごを見つつ都心とは逆方向に乗る電車かな
  • 諸事情で音信絶えて九年目の従姉妹このたび結婚の由
  • ミラー越し土曜の夜の夏祭りひかり尾を引く撮像管よ
  • 加持祈祷ついていけないことばかり
    手の汗しみた手ぬぐいを嗅ぐ
  • 胸襟を開いていないのだそうだ 歩く渋谷の妙な暑さよ
  • コーヒー屋 青い短パンにTシャツ
    大学ノートに「ネタ帳」の文字
  • Tシャツの汗のにおいと白い紙
    ためらいがちなダブルクリップ
  • ハンバーグ少し値のはるウーロン茶 隣の客のよく通る声
  • 三重県産ウルメイワシと目が会えり雨に逃げ込む夜のスーパー

 

湯ざまし(個人サイト)
作成:とね(info アットマーク yuzamashi.net)